医薬品の前にサプリで体質改善

睡眠障害等がある時に、睡眠薬は使われます。
ただそれを利用すると良く眠れる等の効果を感じることも有り、1回だけの利用ではなくて常用してしまうことも少なくありません。
そうした毎日使っていた薬ですが、風邪薬の様に症状が良くなったからと言って突然辞めてしまうと離脱症状が起きてしまうことがあるのをご存じでしょうか。
離脱症状とは、その薬の服用をやめた時に出てしまう症状のことを言います。
睡眠薬の場合は、痙攣・発作・不眠・不安・精神錯乱等が起きます。
つまり、体が自分の意思に関係なく震えてしまったり、呼吸が荒くなったり、また眠れないとか正体不明の不安感等が出てくるということです。
また薬を飲まなければいけないという強迫観念等も起きることがあるので、注意しなければいけません。
勿論程度はその人によっても違い、それほどひどい物を感じない人も居ますが、中にはそれによって入院治療が必要となることも有るのです。
しかもこの離脱症状自体は睡眠薬を利用する期間が長くなればなるほど、出る確率が高くなってしまいます。
だから最初は少しの間だけ楽に寝るためにという感じで気軽に使ったとしても、結果的に飲むのを辞めたとしても自分を苦しめてしまうことがあるので注意が必要です。
また、その薬自体を利用している人はやめたい気はあるけれど、離脱症状が心配だから急に辞めることは出来ないなんて思っている人も少なくありません。
では、どのようにすれば睡眠薬を辞めることが出来るのでしょうか。
一つは、少しずつ薬の量を減らしていく、また弱い薬にしていくということです。
体自体が薬の成分に慣れてしまっている所から、ゼロにすることはなかなか難しいので少しずつ減らしていくようにします。
そうすることで徐々に体が変わって行くため、離脱症状が起きにくくなるのです。
もう一つは毎日利用していた薬を2日に1回飲むだけにするという感じにします。
薬の離脱症状自体は、飲まなくなったらすぐに出る物ではありません。
その薬自体の効果が減って行くと出てくる物なので、ギリギリまでその状態で耐えるようにするのです。
そうすることで、次第に体がその状態に慣れて行くようになります。
ただ、睡眠薬自体はかなり依存性が高い薬であること、そして依存している状態で急にやめてしまうと強い離脱症状が出てしまいかねません。
そうなってしまうと自分だけでなく周りにも迷惑をかけてしまうようになるので、安全にそれをやめて行くようにするためにも、まずは医師に相談をして計画的に薬が無くても大丈夫な生活にするようにしましょう。